訴えられる?訴えられない?愛をもって解決しましょう

「お店を独立したら訴えられる?」
というご質問への私なりの回答^^

独立できるほどに育ててくれた
お店やお店の社長への感謝や恩を忘れずに
感謝のこころを持っていれば
訴えられませんよ

これはなぜか と言うと

「誓約書にサインをしちったんだし 訴えられるんじゃないか」
「訴えられたら どうしよう」

という気持ちでいると

いくらワタシが「大丈夫」と言っても
それでも「でも弁護士頼むくらいのお金はあるし、◯◯だし、××だし、△△だし。。。」
とドンドン悪い方へ考えちゃうんですね

勝手に(^^;

不安だから、でしょうね

そういう不安な気持ちが「引き寄せ」ちゃうんだと思うんですよ
そういう現実を

ちょっとスピリチュアル的な言い方になってしまいますが

最近聞いた話では
どうやら物理的にもちゃんと説明がつくんだそうですよ

意思の力っていうのが
いちばん動かす力が大きいんですって

※この物理(量子力学)については
現在(というか、これから始める(笑))
絶賛べんきょう中ですので
乞うご期待!?

で、ハナシがずれちゃいましたね(^^;

まあ、要はそういう不安な気持ち
不安な妄想
悪い方へ悪い方へという妄想が

現実化させちゃうわけです

あ、でもちゃんと説明できる

こうやって後ろめたい気持ちや
隠そうという気持ちや
逃げたいという気持ちでいると

そわそわ
ビクビク

した言動になる

すると社長さんも
「あれ?あいつ、なんか変だぞ」
となる

で、バレる(^^;

堂々としてりゃバレないのに

で、もめる

という構造なわけなんです

だから
堂々とするためには
感謝=ウィンウィンの関係をつくってあげることが
いいのではないかと思うのです

たとえば
独立しても
前のお店にもまた行ってもらうよう
お客さんに宣伝する

いろんな人に宣伝する

前のお店のことをとっても良く言う

などなど?

とにかくもめない秘訣は
WIN・WINの関係です(^^)