50代に急増!妻を支配する超モラハラ夫からの離婚は逃亡しかない?

最近、50代の女性からのモラハラ夫からの離婚の代理人になって欲しいという依頼が増えています。

その理由は「夫は話し合いにならないから」「家を出た後、逆上する夫が怖いから」

今、そんな夫と対峙しています。本当に、ヒドイです。唯一、助かったのは、すぐに代理人である私に連絡をくれたこと。

しかし、これがクセものです。

「妻の気持ちが変わらないのであれば離婚に応じます。」

当然、奥様の気持ちは変わりません。女性は、一旦決めたら、変わらないのです。

念のため、ご主人がおっしゃっていることを伝えます。当然、奥様の気持ちは変わりません。

それを、ご主人にお伝えします。そこからが逆上が始まります。

「30年間、俺は真面目に働いてきたのに、なにがいけないのか、妻は間違っている。その間違いを正して欲しい、指導して欲しい。」と私に言うのです。

 

はああ?

ですよね笑

 

その、「俺はすべて正しい、俺に従え、お前は間違っている」そういう姿勢が奥様を長年苦しめてきた。

それが全くわからないのですね。

 

離婚をしたくないというお気持ちはよぉ〜くわかります。

長年、一緒にいらした奥様ですもの。

別れたくはないですよね。

 

しかし、その長年のあなたの家庭を支配してきた独裁政治に、民衆である奥様が逃げ出したのが今の状態です。

あなたの独裁国ではないのです、家庭は。

奥様は奴隷ではありません。

 

それを、わかるときなのです。

奥様だからと言ってもちろん、何をしていいわけではありません。

 

それなのに執拗に代理人である私に対しても嫌がらせのメールを日中深夜関係なく送ってくる。

もうこうなったら犯罪ですよ笑

弁護士に対する業務妨害ですよ。

 

残念ながら、こういったご主人に対しては業務妨害として警察署に被害届をださせていただきます。。。